放課後等デイサービス オレンジスクール 小岩教室

東京都江戸川区西小岩にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】小岩教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

「2018年が始まりました」 放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

皆さま、少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
オレンジスクール小岩教室も無事新年を迎え、1月5日から開室しています。
通所している皆さん、今年も一緒に頑張ろうね(^^)

さて、今回は年初らしいお話をしてみたいと思います。
2018年は戌年ですね。

f:id:orangeschool_koiwa:20180110162807p:plain

ご存知の通り、十二支は巡ってくる年を「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)」の12種類の動物で表したものです。

しかし、「戌」ってめったに見ない字ですよね。
他にも普段は使わない字がたくさん…
「犬」なら分かるけれど、どうして「戌」なのでしょうか???

じつは、これらの漢字はもともとは動物を表すのではなく、植物が育つ1年間を表しているのだとか。ちなみに「戌」は収穫期の9月を表し、「収穫した穀物をまとめる」という意味だそうです。

f:id:orangeschool_koiwa:20180110163115p:plain

十二支は年だけでなく月や方位、時刻を表すのにも使われていた大事な単位でしたから、覚えやすくするために動物をあてはめたようですね。


さて始業式をむかえ3学期が始まっています。
3学期といえば、学習にとっても生活にとっても「その学年のまとめの時期」です。


「収穫物をまとめる」という意味がある戌年の今年、

より前向きに「まとめ」に取組めるような気がしてきますね。
学習や生活上でできるようになったことを楽しくまとめ、

新しい学年につなげていきましょう!

f:id:orangeschool_koiwa:20180110163324g:plain

今年もよろしくお願いします(^^)

「勉強の合い間に(^^)」 放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

こんにちは。

12月も半ばを過ぎ、いよいよ寒さ本番ですね!

この時期はクリスマス、お正月など

さまざまな行事を楽しみにしているお子様も多いのではないでしょうか。

 

さて、今日は、先日

中学生の授業の合い間に

中学生を指導して下さっている先生が

面白い「実験コーナー」をしてくださったので

ご紹介しますね!

 

行われたのは「静電気の実験」です!

 

ストローを2本使います。

f:id:orangeschool_koiwa:20171220203459j:plain

 

一本は、真ん中に小さな穴をあけて支え棒をさし

タケコプターやてんびんのような形を作ります。

もう一本のストローをティッシュペーパーでこすり、

てんびんの片側に近づけると…

 

f:id:orangeschool_koiwa:20171220203948j:plain

 さわっていないのに、近づけただけでくるっと回りました!!!

 

小学生もチャレンジです。

f:id:orangeschool_koiwa:20171220204056j:plain

 「いっぱいこすると動くのかな?」

興味深々です。

 

なお、この後「ストローを消しゴムでこすると反対回りになる」

ことも実験しました!

 

いつもこのような実演が行われているわけではないのですが、

今回、たまたま中学生が学んでいた単元で出てきたので、

先生が即席で行ってくださいました。

 

勉強の合い間に、こういう試みって本当に楽しいですよね(^^♪

身近なもので、自然に起こる現象を学べるんですね。

 

中学生は、教科を専門に教える先生が来て下さって

学習に日々取り組んでいます。

がんばれ中学生☆

 

 

「トーキングゲーム」 放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

こんにちは。

急に寒くなりましたが、皆さん風邪など召されてませんか?

 

今回は、オレンジスクール小岩教室で

新しく行なっている療育についてご紹介します。

 

その名も…「トーキングゲーム」!

9月27日の「あさイチ」で紹介されていたので、

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

f:id:orangeschool_koiwa:20171110135716j:plain

ルールはいたって簡単。

順番に場の山にあるカードを引いていき、

カードに書かれたテーマについて引いた人が話す、というものです。

f:id:orangeschool_koiwa:20171110140004j:plain

話し手が話す間は、他のメンバーは口をはさまず聞くというルール。

f:id:orangeschool_koiwa:20171110140319j:plain

話したくないときは、2回までパスすることもできます。

f:id:orangeschool_koiwa:20171110140724j:plain

お話のテーマは「好きな学校行事は何?」「学校の勉強で何が好き(嫌い)?」

といった子どもに身近なものから

「1日だけ魔法使いになれるとしたら何をする?」

「10年後の自分に会えるとしたら、どんなことを話したい?」など

大きなテーマまであります。

f:id:orangeschool_koiwa:20171110173352j:plain

今回は子ども同士で行っている写真を載せましたが、

教室では指導員(大人)も一緒に楽しんでいます☆

 

発達障害には、さまざまな特徴があります。

お友達の話を聞かずに一方的にずーっと話してしまったり、

逆に自分の気持ちを人前でなかなか言えなかったり…

 

でも、そういった子ども達でも

トーキングゲームをしていると

お話をする順番を守ったり、

テーマについて一生懸命話したりできるんです。

 

「ルールの決まった、楽しいお話」なので

約束を守りやすいのですね。

 

そこをコミュニケーションの入り口にして、

子ども達の日常生活がより良いものになれば…

という思いのもと、実施しているあそび(療育)なのです。

 

2人からできるゲームですので、

興味のある方はご家庭でも試してみてはいかがでしょうか(^^)

 

一見、楽しいだけの「あそび」に見えることでも

「療育」につながるというお話でした♪

 

オレンジスクール小岩教室では、発達障害をお持ちのお子さまに

学習や療育を通じて成長のお手伝いをしています。

 

興味のある方はお気軽にお問合せください(^^)

「字を書くことについて」 放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

今日は、学習とは切っても切り離せない「字を書くこと」について少し書いてみたいと思います。

 

実は私、発達支援のお仕事に就くまで、お箸の持ち方が間違っていたのですね…。

「持ち方なんて間違っていても、食べられればそれでいいよね。」

そんな風に思っていました。

 

でも、違うのですね。

お箸の持ち方はマナーのひとつであり、

そしてなぜマナーとなっているかというと、

それがお箸でものを食べるときに

こぼさずに食べられたり、きれいに食べる事ができたりする

「機能的に最適な持ち方だから」なんですね!

 

それが理解できて以来、練習をして

今は正しい持ち方ができています(^^)

 

実はこれ「鉛筆の持ち方」にも同じことが言えるのです。

 

お子さんの鉛筆の持ち方が違っていても

「まあ、書けているし、いいか…」と思って

見逃してしまいがちですよね。

(私たち大人も間違っていることがありますし(^-^;)

 

しかし、鉛筆の持ち方はお箸の持ち方と同じで

「字をきれいに、効率的に書くために考え抜かれた

最適の持ち方」なんです!

 

オレンジスクールでの学習で、鉛筆の持ち方あれこれをご紹介します。

f:id:orangeschool_koiwa:20171012124117j:plain

この子は 「三角えんぴつ」を使っています。

三角えんぴつを使うと、えんぴつを持つ3本の指の位置が定まりやすいです。

上下の位置を調節したい場合は、「一番下の位置に輪ゴムを巻く」という方法もあります。

 

スクールでの指導は内容についてがメインですが、

持ち方について教えることもあります。

f:id:orangeschool_koiwa:20171012124742j:plain

 

シャープペンシル使用の中学生です。

持ち方を小学生のうちに整えておくと、

ノートもとりやすくなりますよ。

f:id:orangeschool_koiwa:20171012124852j:plain

 

色々書いてきましたが、「持ち方は一日にしてならず」!

ご自宅でも、ぜひ取り組んでみていただければと思います。

書く内容を楽しいことにしたり、大人もいっしょにやってみる

(交換日記とか?)にすると、楽しく続けることができますよ(^^♪

 

オレンジスクールでは、お家での取り組みのお手伝いをさせていただいております。

お子さまについての心配事、「こうしていきたい」ということがありましたら

ぜひご相談くださいね。

「二学期が始まりました!」放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

こんにちは!

オレンジスクール小岩教室、児童発達支援管理責任者の宮崎です。

 

夏休みが明けて、いよいよ本格的に2学期が始まりましたね。

お友達に会えてうれしい子、

休みが終わってさびしい子など

みんなそれぞれだと思います。

 

 2学期になり、生活の時間や気温が大きく変わると体調を崩しやすくなります。早寝早起きをこころがけ(いつもこればっかり書いてますが…(汗)でも生活リズムを整えることは、子どもの発達にとって一番と言っていいほど大切なことなのです(*^^*))早めに学校のサイクルに慣れて楽しい2学期を送りましょう!

 

 本日は「さらば2017年の夏休み!」と題して、夏休みにがんばってすごしていた子どもたちの様子をご紹介します。夏休みは10時から16時のお預かり時間となるため、いつもの放課後と異なり時間がたっぷりありました。

 

中学生はこの機会にがっちり勉強です!

f:id:orangeschool_koiwa:20170905133506j:plain

小学生も一生けんめいに…

f:id:orangeschool_koiwa:20170902180148j:plain

もちろんFCリーディングにも取り組みます。

f:id:orangeschool_koiwa:20170902180212j:plain

学習が終われば、あそびの時間もたっぷりです。

この日は仲良く工作をしました

f:id:orangeschool_koiwa:20170902180230j:plain

今年はそれぞれの成長がかいま見れ、とても実りある夏休みでした。

スクールに来ていたお友だち、よくがんばりましたね!

2学期も学習にあそびに、楽しくすごしていきましょう!(^^)

「夏休み その2」放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

 こんにちは。オレンジスクール小岩教室、児童発達支援管理責任者の宮崎です。暑い日が続いたかと思うと急に涼しくなったりと、今年の夏は気温の差が激しいですね。こんな季節には体調を崩しやすくなりがちです。できるだけ普段のリズムを崩さずに「早寝・早起き」を心がけ、毎日の食事をしっかりとりましょう!

 

 さて、オレンジスクール小岩教室でも7月21日から夏休みスケジュールでの療育が始まっています。「放課後等デイサービス」の名の通り普段の平日は15時~18時で過ごすのですが、夏休み中はどの曜日も10時~16時になります。平日に慣れている子ども達は午前-午後と長い時間を過ごす違いに初めはビックリした様子(*_*;  みっちり学習しますが同時に遊ぶ時間も長いので、「あー楽しかった!」と言って帰る子も(*^^*) みんな楽しく充実した夏休みを過ごしています。

 

夏休みの学習の様子は前の記事をどうぞ(^^♪

blog-koiwa.orangeschool.jp

 

さて、午前も午後も過ごすとなれば、欠かせないのは「お昼ごはん」!オレンジスクール小岩教室では、子ども達と指導員でそろってご飯をいただきます。その様子を少しお見せしますね。

f:id:orangeschool_koiwa:20170812171458j:plain

 自分のお弁当に夢中な子もいれば「先生、何食べてるの~?」と興味深々な子も(笑)

和気あいあい、ほっこりとする時間です。

 

通所してくださるお子さんの中には特定の食品にアレルギーをお持ちの子もいらっしゃるため、飲食物の交換などがないよう食事中は指導員が配慮しています。楽しい中にも、安全を守って支援が行われています。

 

オレンジスクール小岩教室は、8/13(日)~17(木)までお盆休みとなります。それが明けたら2学期まであと少し。ワイワイしたお昼の時間も、2学期から土曜だけに戻るかと思うと少し寂しいですね。残りの夏休み期間を、楽しく、かつ安全に過ごしていきたいと思います。

 

皆さんもよい夏休みをお過ごしください!

 

「夏休み」放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

 オレンジスクール小岩教室の子供達も夏休みに入りました。

朝から通所してくる子供、学校のプール指導の後、午後から通所してくる子供

通所時間はさまざまですが、毎日元気にしています。

オレンジスクール小岩教室では、学校の夏休みの宿題を終わらせることを目標に指導しています。通所して、その日の予定を作成、すぐに夏休みの宿題にとりかかります。お弁当を食べて、午後から夏休みの宿題を少しやります。残りの時間は、みんなでカードゲームやお絵描き、折り紙などをして楽しく過ごします。

子供達は、遊びの中から人と人との関わり合い方を学んでいきます。

お友達とコミュニケーションをとることができなかった子供が、ゲームを通じて自然とコミュニケーションがとれるようになる。子供の成長が感じられる一瞬です。

写真は、午前中一斉に夏休みの宿題をしている様子です。

f:id:orangeschool_koiwa:20170802143901j:plain

f:id:orangeschool_koiwa:20170802143921j:plain

 

 

 

「七夕飾り」オレンジスクール小岩教室 放課後等ディサービス 「療育×教育」

毎日暑い日が続いています。

オレンジスクール小岩教室では、夏の風物詩、「七夕飾り」を皆で実施しました。

子供達は、短冊に自分の願い事を書いて飾っていました。

短冊には、それぞれの個性が光っていました。素晴らしい。感動です。

子供達一人ひとりの個性を大切に、それぞれの願いが叶うように、今後も指導していきたいと思います。

f:id:orangeschool_koiwa:20170715163711j:plain

f:id:orangeschool_koiwa:20170715163727j:plain

「新一年生」オレンジスクール小岩教室 療育×教育 放課後等デイサービス

新一年生

 4月、学校が始まると同時にオレンジスクール小岩教室には、多くの新一年生が入ってきました。最初は、緊張した様子で、中には来所するのが嫌で泣き出す新一年生もいました。2ヶ月経った今は、元気に、楽しそうに、友達、上級生と交流しながら過ごしています。

 来所すると必ずしなければならないのが宿題です。これは、学習習慣の定着にも役立ちます。次にオレンジスクール小岩教室が一人一人の子供の進度に合わせたプリントを用意していますので、その日の子供の調子を見ながらプリントに沿って指導していきます。計算などは、写真のように解り易いように補助教材を使いながら指導していきます。最後に、みんなで楽しく遊びます。これもとても重要な療育の一環です。最初は友達の輪に入らなかった子供が、指導員が粘り強く入れるように仕向けると、恐る恐る加わり、やがて自然に遊べるようになります。日々成長しているのだなと感じる瞬間です。

 写真は、アクアビーズといってオレンジスクール小岩教室で今一番人気の遊びです。とても細かい作業ですが、子供達は集中して遊んでいます。

 「子供達ひとり、一人の個性に寄り添い、粘り強く、楽しく、指導していく、それが私達オレンジスクール小岩教室の考えです。」

f:id:orangeschool_koiwa:20170620160855j:plain

f:id:orangeschool_koiwa:20170620160922j:plain

「中学生の学習支援その2」 放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

現在オレンジスクール小岩教室には、5人の中学生が通っています。

その内3人は男子生徒です。

男子生徒も教員歴40年のベテラン指導員のもと勉強に励んでいます。

この時期中学生は中間テストの時期です。指導員の先生方には、元教員の強みを生かしてテスト対策もお願いしています。

成果がでることを期待しています。

がんばれ中学生。

 

写真は、休憩中に中学生のお兄さんが、小学生を面倒見ている様子です。

とても微笑ましい様子でした。このようなことを通して社会性を学んでほしいと考えています。

f:id:orangeschool_koiwa:20170506115228j:plain

f:id:orangeschool_koiwa:20170506115245j:plain