読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後等デイサービス オレンジスクール 小岩教室

東京都江戸川区西小岩にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】小岩教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

オレンジスクール小岩教室 読書が苦手なお子様へのトレーニング(その2) 【放課後等デイサービス・教育×療育】

先日ご紹介しました、オレンジスクール独自の速読訓練法「FCリーディング」の続きをご説明させていただきます。

今回は詳しい訓練方法や、その効果についてです。「FCリーディング」は耳から聞こえてくる音声にしたがって”文字を目で追う”訓練だとお話しました。実際の訓練では、最初は1倍から1.5倍の速度で、主に興味のある物語などを読んでいただきます。独力で読むのと違い声優の音声がナビゲートしてくれますので、本の嫌いなお子さま、読むのが遅いお子さまでも自然と文章に親しみを持ち、物語の展開にのめりこみます。ここで本の楽しさ、すばらしさを体験してもらうという趣旨もあります。

  • 朗読は全てプロの声優に吹き込みを依頼しています。
  • 書籍のタイトルは数百冊に及んでいますので、速く読めるようになったお子さまは、さまざまな分野の本を次から次へと読破していっています。

 f:id:orangeschool_koiwa:20161020145725j:plain

次に朗読速度を次第に上げていきます。通常の朗読音声では1.5倍以上となると、訓練していなければ大人でも聞き取ることが難しくなってきます。しかし、訓練を積み、脳が慣れてくると読書が苦手な小さな子どもでも2.0倍以上の速さで本が読めるようになります。

さらに訓練を積むと5~6倍くらいの速さでも普通に理解して読めるようになります。あたかも「ピッチャーが投げてくる速球が、バッターには止まって見える」のと同じような状況が読書の中で起きるのです。

この時点で、すでに「速脳」は出来上がっていますので、読み始めから徐々にスピードを上げていくことはせず、訓練の最初から高速で読むことになります。

そして、初めて接する本でも高速で内容を理解できるようになっているのです。

 さて、FCリーディングの効果とはどの様なものでしょうか?速度5倍以上になりますと、情報は左脳を介さずに右脳に直接インプットされるようになります。このような状態になると右脳が文字を絵としてとらえ、本の内容や書かれている漢字などを驚くほど記憶していきます。文中に出てくる漢字をすらすらと読めるようになってしまうというのは教室内では日常的なことです。これもFCリーディングの大きな効果の1つです。

一般的には左脳で考える傾向の子どもが多いですが、FCリーディングで訓練を積むことによって右脳が活性化され、抽象的な事象の理解が促進されることが確認されています。また、さまざまな書籍からさまざまな人生、人の機微、喜怒哀楽や社会を学ぶことが出来ることで、コミュニケーションの知見を増加させます。

      f:id:orangeschool_koiwa:20161005143133j:plain

 

FCリーディングは知らず知らずのうちに文字を高速で追う(1字1字からそのうち10~20字をいっきに見るようになる。)ことから大変な集中力を必要とします。訓練中に右脳は活性化しα~θ波の脳波が発生します。

(日本医科大学教授 品川嘉也 「頭が突然鋭くなる右脳刺激法」)

子どもは訓練を終了した後も当分の間はこのα~θ波の脳波が検出できる集中状態となるのです。

さて、勉強への活用法や、発達障害を持つお子様への効果などについてはまたの機会にお話させていただきます。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。FCリーディングについて詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 『自閉症スペクトラムのお子さまの会話術』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。今日は自閉症スペクトラムのお子さまについてのお話です。

自閉症スペクトラムのお子さまはその場の空気を読んだり、人の気持ちを察することが苦手と言われています。相手の嫌がる話を平気でしてしまったり、その場に合った話題を選ぶということが難しいのです。そこで、友達と話すときに何を話したら良いのか、話題作りを規則的に教えたり、言ってはいけないことを口にしないように教えることが大切です。

  f:id:orangeschool_koiwa:20161031123030j:plain

お家でも日々の会話の中からトレーニングしていくことで、会話のトラブルは少しずつ減らしていくことが出来ます。

まず話題選びの基本を理解させることから始めましょう。お子さまと一緒に「お友達を傷つけてしまうテーマ」と「お友達が楽しめるテーマ」について話してみましょう。

 

<お友達を傷つけてしまうテーマ>

  • お友達の苦手なこと(勉強やスポーツなど)
  • お友達本人や家族・ペットの病気
  • お友達の身体のこと(背が低い・太っているなど相手が気にしていること)
  • お友達の失敗

など・・・ 

<お友達が楽しめるテーマ>

  • 一緒に楽しめる趣味(ゲームやスポーツ)
  • 一緒に遊びに良く予定
  • お友達が好きなこと

など・・・

 

このようなことを親子で話し合い、相手を傷つけやすいテーマを覚えさせて、その話をしないようにさせます。

お子さまには、なぜそのようなテーマがお友達を傷つけるかを考えさせ、答えさせる。また、お友達と話す前に「話題選び」とつぶやく癖をつけさせて、いきなり話し出すことを減らしてゆくのも有効です。

 f:id:orangeschool_koiwa:20161031123052j:plain

そして、テーマに合わせてお子さまのお友達に当てはめて話し合ってみましょう、お友達が楽しめるテーマがわかったら、実際にその内容で話してみて会話が広がったら成功です。上手く行かなかったらもう一度一緒に話題を探してみましょう。この時お友達に当てはめて話をさせてみて、良いか悪いかを親御さんが判断してあげてください。

このトレーニングを繰り返していくと、少しずつ話し相手を傷つけたり、怒らせたりすることが減っていきます。そしてお友達や他の人がどんな話を好んでいるのかがわかってきます。

ぜひ、ご家庭でやってみてください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。オレンジスクール独自の療育システム「FCリーディング」や「まなBOX」について詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 初のイベント『脳トレッチ』無事終了しました。 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。今日は小岩教室で開催したイベントのご報告です。去る10月22日(土)午前10時から、オレンジスクール小岩教室で歌と手遊びを使った脳のストレッチ、『脳トレッチ』というイベントを開催しました。

イベントにお越しいただいた講師は、音楽レクリエーション指導士の西野亨先生、先生のお話では歌を歌っていると時は本を読んだり字を書いたりしているときより、何をしているときよりも脳内の血流が活発になり脳が元気になるそうです。

f:id:orangeschool_koiwa:20161023161413j:plain

脳の中では「リズム」や「拍子」「メロディ」や「音色」など、それぞれを考える部分が別で、そのために歌を歌うということは脳の中のたくさんの部分が働き、脳が活性化されるとのことです。そこに歌に合わせて指先を使ってデンデンムシの形を作ったり、左右の手で別の動きをしたりする手遊びを加え、より一層脳内を元気にするという内容でした。元々は高齢者の認知症予防などによく使われるとの事ですが、最近では発達障害のお子さまの情緒の安定や集中力の向上に非常に有効であることが注目され、音楽を使った療育もいろいろ行われています。

イベントではそのような脳内の仕組みのお話から実際にみんなで歌を歌いながら手遊びをして楽しみました。

 f:id:orangeschool_koiwa:20161023162818j:plain

小さなお子さまも参加してくださり、一緒に手をたたいたり大きな声で歌ったり笑顔で楽しんでいただけました。

実はこの西野先生は歌とギターが大変お上手で、後半はプロのライブを見ているような色々な歌をギターの生演奏で聞かせてくださいました。音楽は聞いているだけでも脳の活性化になるそうです。こちらの方もとても素敵でみなさんすっかり聞き入っていらっしゃいました。お子さま向けの曲ではみんなで合唱もしました。

アンコールで歌ってくださった「未来へ」…先生からは「これからも辛いことなどあるかもしれませんが、オレンジスクールとともに未来へ向かって歩いていきましょう」というメッセージをいただきました。参加したお母さまの中には、目頭を熱くしている方もいらっしゃいました。

   f:id:orangeschool_koiwa:20161023163702j:plain   

 予定の2時間はあっと言う間に過ぎ、参加された方から「とても楽しくためになる会でした、ぜひまたやって欲しいです。」というお言葉をいただきました。

これからも、楽しみながら役にたつ色々なイベントを企画していきたいと思っていますので皆様ぜひご参加ください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 #*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 『脳トレッチ』 いよいよ今週の土曜日、22日です! 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。

 先日お知らせいたしました、オレンジスクール小岩教室10月のイベントですが、まだお席に余裕がありますのでもう一度ご紹介させていただきます。当日のご参加も大歓迎です。

音楽をつかった脳のストレッチ『脳トレッチ』

 「脳トレッチ」とは音楽レクリエーション指導士の西野亨先生の指導のもと、楽しく歌いながら脳内の血流を増加させ、脳の活性化を促す脳のストレッチです。音楽が発達障害に良い刺激になることは、最近とても注目されています。歌を歌うということは、感情を浄化させ精神を安定させる効果があります。

 ぜひお子さまと一緒に音楽でリフレッシュしてみませんか? 

           f:id:orangeschool_koiwa:20160927131943j:plain

        音楽レクリエーション指導士による『脳トレッチ』

  • 日時 平成28年10月22日(土) 午前10:00~12:00
  • 場所 オレンジスクール小岩教室
  • 講師 音楽レクリエーション指導士 西野亨氏
  • 参加費 無料 お時間までに教室にお越しください。

 なお、当日はオレンジスクールの特色である療育システム「FCリーディング」やパソコンで勉強が出来る「まなBOX」についても説明させていただきます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 #*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 読書が苦手なお子様へのトレーニング 【放課後等デイサービス・教育×療育】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。

本日は読書が苦手なお子さまへのトレーニング方法のお話をします。

青葉台教室でもすでにご紹介していますが、オレンジスクールでは独自に開発した「FCリーディング」という速読法で、本を読む力を向上させる療育を行っています。

「FCリーディング」とは一般的な速読法の訓練とは全く違い、子どもでも楽しく飽きずに訓練が出来る方法として開発されました。すでに長年にわたり多くの子どもたちに利用され、その効果は実証済みです。                  

f:id:orangeschool_koiwa:20161005170424j:plain

一般的な速読法の訓練は、四角を中心とした目のトレーニングに始まり、次第に文字を絵としてとらえ、さらには黙読せずに直接右脳で把握すると言うプロセスをたどります。

この方法は、訓練に多くの時間がかかり、それを毎日単純に繰り返さなくてはならないと言う、大人でもたいていは訓練を完了せずに脱落するというものでした。このような訓練は子どもには向きません。

「FCリーディング」は、朗読されたテキストを、耳から聞こえてくる音声にしたがって”文字を目で追う”という聴覚をも刺激した方法です。具体的な訓練方法は簡単です。

  1. 耳から聞こえてくる朗読を聴きながら目でテキストを追っていく。
  2. デジタル処理された音声(速度を変えても音程が変わらない)が次第に早くなっていく。

                 

f:id:orangeschool_koiwa:20161005143155j:plain

簡単な訓練ですが、継続していくことにより情報が右脳に直接入力されるようになり、文章の理解力と読む速度が格段に上がるのです。

通常の朗読音声では1.5倍以上になると、訓練していなければ大人でも聞き取ることが難しくなってきます。しかし、訓練を積み、脳が慣れてくると読書が苦手な小さな子どもでも2.0倍以上の速さで本が読める様になります。

そしてこのような状況下では、脳は文字を音に変換して読むことを許さず、情報は直接右脳に入り処理されるようになり、その結果、文書の理解力が増すとともに読む速さも増すわけです。

いかがですか?ぜひ一度、お子さまに体験してみていただきたい療育システムです。

詳しい訓練方法や効果についてはまたお話させていただきます。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。FCリーディングについて詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 音楽レクリエーション指導士による『脳トレッチ』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。

 先日このブログでお知らせした‘音楽レクリエーション指導士’による療育イベントの詳細が決まりました。歌と手遊びを使った「脳トレッチ」として、小岩教室10月のイベントで開催します。

 「脳トレッチ」とは音楽レクリエーション指導士の西野亨先生の指導のもと、楽しく歌いながら脳内の血流を増加させ、脳の活性化を促す脳のストレッチです。音楽が発達障害に良い刺激になることは、最近とても注目されています。歌を歌うということは、感情を浄化させ精神を安定させる効果があります。

 ぜひお子さまと一緒に音楽でリフレッシュしてみませんか? 

           f:id:orangeschool_koiwa:20160927131943j:plain

        音楽レクリエーション指導士による『脳トレッチ』

  • 日時 平成28年10月22日(土) 午前10:00~12:00
  • 場所 オレンジスクール小岩教室
  • 講師 音楽レクリエーション指導士 西野亨氏
  • 参加費 無料(お電話かメールでご予約ください)

 なお、当日はオレンジスクールの特色である療育システム「FCリーディング」やパソコンで勉強が出来る「まなBOX」についても説明させていただきます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 #*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 『音楽レクリエーション指導士』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。

日中はまだまだ暑い日がありますが、朝晩に感じる風に秋を感じるこのごろです。読書の秋、芸術の秋・・・

先日「音楽レクリエーション指導士」の先生とお目にかかる機会があり、大変興味深いお話をたくさん伺えました。音楽レクリエーション指導士とは、もともとは高齢者の方々に音楽を通して健康維持や認知症予防、介護予防のお手伝いをする事がお仕事だそうです。人間の脳は何をしている時が一番血流が活発になっていると思いますか?字を書いている時、音読をしている時、計算をしている時・・・近赤外光脳計測装置という機械で前頭葉の血流を調べると、歌を歌っている時がその他の時と比べ何倍も血流が増加し、前頭葉全体に血流が増加していることが分かります。

脳の血流が良くなるという事は発達障害の子どもたちにも有効かな?と思いお話を進めると、やはり歌に合わせて手遊びをしたり大きな声で歌ったりすることで、情緒を安定させ笑顔になり、コミュニティーを生み出すという効果が有るとの事でした。

f:id:orangeschool_koiwa:20160921133045j:plain

そこで今度是非オレンジスクール小岩教室でも、音楽を通しての療育ができないかとご相談したところ、大変興味を持っていただき快諾してくださいました。

今、オレンジスクール小岩教室の10月のイベントとして企画中です。日時などが決まり次第ホームページでお知らせいたします。

楽しみにお待ちください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 #*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 特別支援学級・支援級 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。

9月10月は江戸川区内の小学校・中学校では学校公開が行われています。学校公開はお子さまの学校での生活を普段なかなか見ることの出来ないお父さまやご家族の方々が、お子さまがどの様に授業を受けているか、どんなお友達がいるかなど身近に体験でき、またこれからどの学校に通わせようか考えていらっしゃる親御さんにとっても、学校の雰囲気を知る良い機会です。

9月3日(土)には、区立鹿本中学校・南小岩小学校・大杉小学校にお邪魔させていただきました。普通級ではいろいろと困ったり悩んだりしている発達障害をお持ちのお子さまも、特別支援学級(通級指導)や支援級ではのびのびと自分のペースで勉強している様子が印象的でした。

支援級を担任されている先生方は皆「子どもたちはみんな伸びる力を持っているので、その可能性を信じて丁寧に、ゆっくりと指導して行く事が大切です」とおっしゃいます。

オレンジスクール小岩教室でもこの心を忘れず、すべてのお子さまを温かく見守った療育を心がけようと思います。

江戸川区内の学校公開は9月10日(土)と17日(土)・24日(土)にも行われます。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 『オープン説明会のご報告』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

 こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。去る8月27日(土)オレンジスクール小岩教室ではオレンジスクール代表・久保田淳先生をお招きしてオープン説明会を開催いたしました。事前にお申し込みをいただいた皆様にお集まりいただき午前10:00にスタート、久保田先生から発達障害について、その療育についてお話いただき、予定の1時間はあっという間に過ぎてしまいました。

参加いただいた方の中には江戸川区の小学校の通級指導学級の先生もいらっしゃりオレンジスクールの療育内容に大変感心してくださり私たちスタッフもうれしく思いました。オレンジスクール独自の療育方法「FCリーディング」には参加いただいた親御さん皆さまがとても興味を持っていただき、終了後実際にお子さまに体験させて感想などを聞いていらっしゃいました。

質疑応答では「得意なことをどんどん伸ばし、不得意なことのフォローをしていって欲しい」「勉強が苦手なので私(母)が見てやっているが、ついつい叱ってしまうのでどんどん勉強が嫌いになっていく様で不安」などのご意見があり、久保田先生からの適切なアドバイスに皆さま納得していただけたようです。

終了後相談会となり、皆さまから今悩んでいること、今後希望する療育についてのお話を伺い、何組かの親御さんからは早速オレンジスクール小岩教室に通わせたいと契約の日時を予約されてお帰りになる方もいらっしゃいました。

今回はじめての「説明会」でしたが、多くの皆さまにご参加いただき喜んでいただけたましたので、今後も企画していきたいと思います。もちろん「説明会」以外でも見学・ご相談は随時受け付けておりますのでどんな小さなことでもお子さまについて心配なことや不安なことがありましたらお気軽にオレンジスクール小岩教室にお越しください。

詳しくはオレンジスクール小岩教室までWEB・MAIL・TELにてお問い合わせください。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

オレンジスクール小岩教室 発達障害の相談窓口・児童発達支援管理責任者とは 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

 こんにちは、放課後デイサービス・オレンジスクール小岩教室の内山です。今日は児童発達支援管理責任者についてお話しようと思います。児童発達支援管理責任者ってご存知ですか?私たちは省略して「児発管(じはつかん)」と呼んでいますが、放課後等デイサービスには無くてはならない存在なのです。

どの放課後等デイサービスでも必ず一人以上この児童発達支援管理責任者という資格を持った専任の職員を置かなくてはなりません。さて、では児発管とはどのような仕事をするのでしょうか?児発管は保護者の方がどのようなサービスを必要としているか、お子様にはどのような発達障害の療育が最も適しているかを考えて計画するという役目があります。たとえば以下の様な流れで計画を立てて行きます。

  1. 保護者の方とお子様と面談
  2. お子様と保護者の方が今どのような環境にあるかを把握
  3. お子さまの発達障害の状態や適応行動の状況を確認
  4. 保護者の求めているサービスとお子さま自身の求めているものを確認
  5. 相談支援事業所等が作成した利用計画や独自に得た情報を用いてサービスの計画を立てる

これが児発管の仕事です。オレンジスクール小岩教室には指田(さしだ)先生という児発管がいます。指田先生は元中学校の体育の先生という経歴をもつ元気ハツラツな先生です。発達障害のお子様を持つ保護者の方々のお悩みやご相談にも親身になってお答えいたします。ぜひオレンジスクール小岩教室にご相談ください。 

【MAIL】koiwa@orangeschool.jp
【TEL】03(5876)7515

 

また下記のとおり「オープン説明会」を開催いたします。こちらは予約制となっておりますが、お気軽ご参加ください。心よりお待ちしております。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

オレンジスクール 小岩教室 オープン説明会
−−− 20名限定・完全予約制 −−−

【日時】平成28年8月27日(土)AM10:00~12:00
【場所】オレンジスクール小岩教室
 江戸川区西小岩2-20-16
 ライオンズマンション西小岩第3-101
【予約方法】
イベント参加の旨、申込代表者名、参加人数、連絡先を明記の上、WEB・MAIL・TELにてお申し込みください。
 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

当日は青葉台教室から久保田先生をお招きし、オレンジスクール一押しの療育メニュー「FCリーディング」や「まなボックス」などパソコンで楽しく学べる教材をご紹介いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

みなさまのお越しをお待ちしております、よろしくお願いいたします。