放課後等デイサービス オレンジスクール 小岩教室

東京都江戸川区西小岩にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】小岩教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

年末のごあいさつ 放課後等ディサービス オレンジスクール小岩教室「療育×教育」

  本年8月1日の開所以来、皆様には大変お世話にりましてありがとうございました。

心から御礼申し上げます。

 本年の当教室のサービス提供は、12月28日をもって終了しました。最終日の28日にも来年の利用に向けた3件の熱心な見学・ご相談があり、改めて我々オレンジスクール小岩教室に課せられた使命の重さに身の引き締まる思いをした最終日でした。

 新年は1月5日よりスタートいたします。来年も子供達の安全を第一に、子供達に寄り添いながら確実に学習支援をしていく、そんなオレンジスクール小岩教室でありたいと思います。

 それでは、良いお年をお迎え下さい。

 

                          オレンジスクール小岩教室

                          スタッフ一同

f:id:orangeschool_koiwa:20161005170424j:plain

「【療育×教育】のながれ」オレンジスクール小岩教室

 今回は、オレンジスクール小岩教室の「療育×教育」の流れについてのお話しです。

 オレンジスクール小岩教室では、ご見学やご契約の際に時間をかけて保護者様と面談を実施しています。そこで「学習面」、「社会生活面」での困っている点、特に指導してほしい点など詳細にお聞きします。それら「学習面」や「社会生活面」について保護者様から伺ったお話をもとに半年の期間を基本とする個別支援計画を作成し、1か月ごとの月間計画に反映させていきます。日々の個別タイムテーブルでは、子供さんが来所した時の指導内容を問題集の項目まで詳細に指定して指導していきます。子供さんおひとりお一人には個性があります。その個性・進度に合わせて計画の見直しや新し指導項目の追加をし、それぞれの子供さんの個性にあった指導法を確立していきます。

 学習面で「苦手な教科があり心配」、「字がうまく書けない」等や日常生活の面で「落ち着きがない」、「コミュニケーション力をつけたい」等でお悩み、ご心配の方はお気軽にご相談下さい。

 子供さんお一人おひとりに合わせてゆっくりと時間をかけて個別支援を行っていく、それがオレンジスクール小岩教室の考えです。

 

                          児童発達管理責任者

                          指田

アナログゲームを使った療育講座 オレンジスクール小岩教室 療育×教育

 12月17日の午後1時から「アナログゲーム療育」を研究・実践されている松本先生を講師にお招きして、アナログゲームを使った療育実践講座を実施しました。当日は、20人近い子供さんとその保護者の皆さんが参加して下さいました。

松本先生の説明の後、各テーブルで一斉にゲームのスタートです。子供も大人も一緒にゲームを楽しみました。それぞれのゲームには、「質問する」「わかりやすく伝える」「相手の立場を考える」などのコミュニケーションスキルを磨くための仕掛がしてあり、自然にその能力が高まるようになっています。

ゲーム中に走りまわったり、ゲームに参加しない子供も数か月継続していくと様子が変わってきます。楽しく、遊びながら学ぶことがでるということです。

これからも私たちオレンジスクール小岩教室では、個別学習支援に加え、このようなゲームを教材にしながら、子供達が楽しみながら社会的スキルを高めていく療育を続けてまいります。

 

f:id:orangeschool_koiwa:20161219145034j:plain

f:id:orangeschool_koiwa:20161219145044j:plain

f:id:orangeschool_koiwa:20161219145105j:plain

 

送迎サービス12/12スタート 放課後等デイ―サービス オレンジスクール小岩教室 療育×教育

 個別発達支援 オレンジスクール小岩教室では、12/12より送迎サービスをスタート

 します。

 こんなご要望にお応えしました。

 ○現在の利用者様から 「学習支援の通所サービスの回数を増やして、更なる学習効 

            果を望みたいけれど仕事の都合で送り迎えを増やせない。」

   ○新規の利用者様から 「学習支援の放課後等デイサービスを週に数回利用して、学

            校 の勉強の理解を進めたいけれど、フルタタイムで仕事して

            い るので送り迎えができない。」

  送迎サービス範囲

  江戸川区・葛飾区・市川市等小岩教室より20~30分以内

  お気軽にご相談下さい。 

  無料見学会・無料体験会実施中!(若干空あり)

       来春入学予定 の新一年生相談受付中!(若干受付可能)

      お電話 03-5876-7515

      相談受付時間 平日11時~20時

            土曜日9時~18時 (日曜祭日休)

    

f:id:orangeschool_koiwa:20161210113021j:plain

アナログゲーム大会参加者募集! オレンジスクール小岩教室 放課後等デイサービス 

          イベントです! 参加者募集中!

        「アナログゲームを使った療育講座」

「質問する」「わかりやすく伝える」「相手の立場を考える」などのコミュニケーションスキルを様々なカードゲームやボードゲームを使って楽しく学びます。

 

日時  平成28年12月17日 土曜日 午後1から3時まで

場所 オレンジスクール 小岩教室

参加費 無料 先着20様まで  現在10様予約あり   残り10名様参加可能です。

対象  発達・成長・学力に不安のあるお子様と保護者様

先着20家族様に素敵なクリスマスプレゼントを用意しています。

メール又はお電話でご予約下さい。

電話 03-5876-7515

メール koiwa@orangeschool.jp

当日の講師 松本 太一先生

プロフィール:

東京学芸大学大学院障害児教育専攻卒業 教育学修士。

大学院在学中は東大付属病院や通級指導教室でソーシャル・スキル・トレーニングの実践研究を行う。その後、放課後等デイの大手FCチェーンに就職。カードゲームやボードゲームなどを使って、発達障害のある子のコミュニケーション力を高める「アナログゲーム療育」を開発する。現在はフリーランスの療育アドバイザーとして、「アナログゲーム療育」の研究・実践を行っている。

f:id:orangeschool_koiwa:20161205195941j:plain

FCリーディングの実効果について オレンジスクール小岩教室 放課後等デイサービス 

 今回はオレンジスクールで実施している療育の中の一つである「FCリーディングの効果」についてお話をしたいと思います。開所当初から通所している小学校生の実際のお話しです。

 通所当初は、本を読むというより本に興味を持たない子供さんでした。それが毎日通所して来るうちにある日を境に自主的に本を読むようになりました。先ずは、1ページから始まり、3ページ、5ページと読めるようになり、今では自分で速読のスピードを4倍まで上げて本を1冊読破出来るまでになっています。集中力がついてきているとのだと思います。それに伴い学習に対しても短い時間でありますが集中して取り組めるようになりました。また、行動に関しても当初に比べて少しずつでありますが、落ち着きがみられるようになってきています。確実に毎日FCリーディングを続けてきた成果が表れてきているのだと感じています。

 本をじっくり読めない、落ち着きがない、学習面に心配がある等でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

保護者様と相談をしながら、時間をかけてゆっくりと確実に個別指導していく、それが私共オレンジスクール小岩教室の考えです。

オレンジスクール小岩教室 体幹トレーニング イベント

 

11月19日土曜日 小雨の中、午後1時から午後3時まで、オレンジスクール小岩教室のイベントが開催されました。

 

今回のテーマは発達の改善に有効な体幹トレーニングです。

当スクール所属の理学療法士中村早利先生の「なぜ体幹がトレーニング」が必要かの説明の後、守島医院の健康運動実践指導者藤井先生の指導がスタートしました。はじめに簡単なゲームで場が和み、運動開始です。ボール回し、片足立ち、閉眼足踏み等の個別トレーニングを順番に体験し、とても楽しく有意義なひと時でした。体幹を鍛えることで姿勢が整い、空間認知能力が向上し、図形問題の理解が深まることや注意力の向上・精神面の安定などに繋がるなと言われております。子供達に一つ一つ丁寧に指導していくことが大切だと実感しました。

これからも私共オレンジスクール小岩教室では、子供達の発達を支援していくために有効な手法を調査研究して実践していきます。

ご協力いただいた守島医院の皆様に感謝いたします。

f:id:orangeschool_koiwa:20161125205926j:plain

 

                        

オレンジスクール小岩教室 『発達の改善に有効な体幹トレーニング』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。今日は今週末、11月19日(土)の午後1時から行われる当教室のイベントについてお知らせします。

オレンジスクール小岩教室、11月のイベントは

           『発達の改善に有効な体幹トレーニング』です。

発達障害のお子さまの多くは体幹に支障をきたしている場合があります。体幹とは身体の中心で内臓を支える筋肉のこと、たとえば横隔膜や腹横筋・多裂筋・骨盤底筋と呼ばれる、身体を動かす上での大切な筋肉です。これを鍛えることによって以下のような効果があります。

  1. 身体機能の向上・・・上・下肢の動きのバランスの向上。
  2. 横隔膜の動きが良くなる・・・深い呼吸が出来るようになる。
  3. 睡眠がしっかり取れる・・・質の高い睡眠が得られる。
  4. 腹横筋にしっかりと力が入る・・・発声時の声量が増す。
  5. 骨盤底筋がしっかりする・・・スムーズな排泄につながる。

上・下肢のバランスが良くなると巧緻性(こうちせい)が安定します。巧緻性とは手先の細かい動きや手先の器用さのことです。深い呼吸が出来るようになると体内の酸素量が増え、胸周りの動きが良くなります。質の高い睡眠が得られると「疲労回復」や「情緒の安定」につながります。

また、体幹を鍛えることは身体機能の向上だけではなく「学力」「集中力」「不注意」などを改善するために有効なトレーニングといえます。

当日はオレンジスクールの中村早利先生(理学療法士)の体幹についてのお話とトレーニングの指導にはオレンジスクール小岩教室の協力医療機関である守島医院より健康運動実践指導者の藤井詳也先生をお迎えし楽しみながら行える体幹トレーニングを紹介すると共に、お家でも行えるトレーニングも教えていただきます。

 ご参加は自由、お時間までに教室にお越しください。先着順にお入りいただけます。

ぜひご家族でいらっしゃってください!詳しくは以下のポスターをご覧ください。

f:id:orangeschool_koiwa:20161116141439j:plain

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。FCリーディングについて詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 読書が苦手なお子様へのトレーニング(その2) 【放課後等デイサービス・教育×療育】

先日ご紹介しました、オレンジスクール独自の速読訓練法「FCリーディング」の続きをご説明させていただきます。

今回は詳しい訓練方法や、その効果についてです。「FCリーディング」は耳から聞こえてくる音声にしたがって”文字を目で追う”訓練だとお話しました。実際の訓練では、最初は1倍から1.5倍の速度で、主に興味のある物語などを読んでいただきます。独力で読むのと違い声優の音声がナビゲートしてくれますので、本の嫌いなお子さま、読むのが遅いお子さまでも自然と文章に親しみを持ち、物語の展開にのめりこみます。ここで本の楽しさ、すばらしさを体験してもらうという趣旨もあります。

  • 朗読は全てプロの声優に吹き込みを依頼しています。
  • 書籍のタイトルは数百冊に及んでいますので、速く読めるようになったお子さまは、さまざまな分野の本を次から次へと読破していっています。

 f:id:orangeschool_koiwa:20161020145725j:plain

次に朗読速度を次第に上げていきます。通常の朗読音声では1.5倍以上となると、訓練していなければ大人でも聞き取ることが難しくなってきます。しかし、訓練を積み、脳が慣れてくると読書が苦手な小さな子どもでも2.0倍以上の速さで本が読めるようになります。

さらに訓練を積むと5~6倍くらいの速さでも普通に理解して読めるようになります。あたかも「ピッチャーが投げてくる速球が、バッターには止まって見える」のと同じような状況が読書の中で起きるのです。

この時点で、すでに「速脳」は出来上がっていますので、読み始めから徐々にスピードを上げていくことはせず、訓練の最初から高速で読むことになります。

そして、初めて接する本でも高速で内容を理解できるようになっているのです。

 さて、FCリーディングの効果とはどの様なものでしょうか?速度5倍以上になりますと、情報は左脳を介さずに右脳に直接インプットされるようになります。このような状態になると右脳が文字を絵としてとらえ、本の内容や書かれている漢字などを驚くほど記憶していきます。文中に出てくる漢字をすらすらと読めるようになってしまうというのは教室内では日常的なことです。これもFCリーディングの大きな効果の1つです。

一般的には左脳で考える傾向の子どもが多いですが、FCリーディングで訓練を積むことによって右脳が活性化され、抽象的な事象の理解が促進されることが確認されています。また、さまざまな書籍からさまざまな人生、人の機微、喜怒哀楽や社会を学ぶことが出来ることで、コミュニケーションの知見を増加させます。

      f:id:orangeschool_koiwa:20161005143133j:plain

 

FCリーディングは知らず知らずのうちに文字を高速で追う(1字1字からそのうち10~20字をいっきに見るようになる。)ことから大変な集中力を必要とします。訓練中に右脳は活性化しα~θ波の脳波が発生します。

(日本医科大学教授 品川嘉也 「頭が突然鋭くなる右脳刺激法」)

子どもは訓練を終了した後も当分の間はこのα~θ波の脳波が検出できる集中状態となるのです。

さて、勉強への活用法や、発達障害を持つお子様への効果などについてはまたの機会にお話させていただきます。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。FCリーディングについて詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

オレンジスクール小岩教室 『自閉症スペクトラムのお子さまの会話術』 放課後等デイサービス【教育×療育・小岩】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。今日は自閉症スペクトラムのお子さまについてのお話です。

自閉症スペクトラムのお子さまはその場の空気を読んだり、人の気持ちを察することが苦手と言われています。相手の嫌がる話を平気でしてしまったり、その場に合った話題を選ぶということが難しいのです。そこで、友達と話すときに何を話したら良いのか、話題作りを規則的に教えたり、言ってはいけないことを口にしないように教えることが大切です。

  f:id:orangeschool_koiwa:20161031123030j:plain

お家でも日々の会話の中からトレーニングしていくことで、会話のトラブルは少しずつ減らしていくことが出来ます。

まず話題選びの基本を理解させることから始めましょう。お子さまと一緒に「お友達を傷つけてしまうテーマ」と「お友達が楽しめるテーマ」について話してみましょう。

 

<お友達を傷つけてしまうテーマ>

  • お友達の苦手なこと(勉強やスポーツなど)
  • お友達本人や家族・ペットの病気
  • お友達の身体のこと(背が低い・太っているなど相手が気にしていること)
  • お友達の失敗

など・・・ 

<お友達が楽しめるテーマ>

  • 一緒に楽しめる趣味(ゲームやスポーツ)
  • 一緒に遊びに良く予定
  • お友達が好きなこと

など・・・

 

このようなことを親子で話し合い、相手を傷つけやすいテーマを覚えさせて、その話をしないようにさせます。

お子さまには、なぜそのようなテーマがお友達を傷つけるかを考えさせ、答えさせる。また、お友達と話す前に「話題選び」とつぶやく癖をつけさせて、いきなり話し出すことを減らしてゆくのも有効です。

 f:id:orangeschool_koiwa:20161031123052j:plain

そして、テーマに合わせてお子さまのお友達に当てはめて話し合ってみましょう、お友達が楽しめるテーマがわかったら、実際にその内容で話してみて会話が広がったら成功です。上手く行かなかったらもう一度一緒に話題を探してみましょう。この時お友達に当てはめて話をさせてみて、良いか悪いかを親御さんが判断してあげてください。

このトレーニングを繰り返していくと、少しずつ話し相手を傷つけたり、怒らせたりすることが減っていきます。そしてお友達や他の人がどんな話を好んでいるのかがわかってきます。

ぜひ、ご家庭でやってみてください。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。オレンジスクール独自の療育システム「FCリーディング」や「まなBOX」について詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*