放課後等デイサービス オレンジスクール 小岩教室

東京都江戸川区西小岩にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】小岩教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

オレンジスクール小岩教室 読書が苦手なお子様へのトレーニング 【放課後等デイサービス・教育×療育】

こんにちは、オレンジスクール小岩教室の内山です。

本日は読書が苦手なお子さまへのトレーニング方法のお話をします。

青葉台教室でもすでにご紹介していますが、オレンジスクールでは独自に開発した「FCリーディング」という速読法で、本を読む力を向上させる療育を行っています。

「FCリーディング」とは一般的な速読法の訓練とは全く違い、子どもでも楽しく飽きずに訓練が出来る方法として開発されました。すでに長年にわたり多くの子どもたちに利用され、その効果は実証済みです。                  

f:id:orangeschool_koiwa:20161005170424j:plain

一般的な速読法の訓練は、四角を中心とした目のトレーニングに始まり、次第に文字を絵としてとらえ、さらには黙読せずに直接右脳で把握すると言うプロセスをたどります。

この方法は、訓練に多くの時間がかかり、それを毎日単純に繰り返さなくてはならないと言う、大人でもたいていは訓練を完了せずに脱落するというものでした。このような訓練は子どもには向きません。

「FCリーディング」は、朗読されたテキストを、耳から聞こえてくる音声にしたがって”文字を目で追う”という聴覚をも刺激した方法です。具体的な訓練方法は簡単です。

  1. 耳から聞こえてくる朗読を聴きながら目でテキストを追っていく。
  2. デジタル処理された音声(速度を変えても音程が変わらない)が次第に早くなっていく。

                 

f:id:orangeschool_koiwa:20161005143155j:plain

簡単な訓練ですが、継続していくことにより情報が右脳に直接入力されるようになり、文章の理解力と読む速度が格段に上がるのです。

通常の朗読音声では1.5倍以上になると、訓練していなければ大人でも聞き取ることが難しくなってきます。しかし、訓練を積み、脳が慣れてくると読書が苦手な小さな子どもでも2.0倍以上の速さで本が読める様になります。

そしてこのような状況下では、脳は文字を音に変換して読むことを許さず、情報は直接右脳に入り処理されるようになり、その結果、文書の理解力が増すとともに読む速さも増すわけです。

いかがですか?ぜひ一度、お子さまに体験してみていただきたい療育システムです。

詳しい訓練方法や効果についてはまたお話させていただきます。

 

オレンジスクール小岩教室ではお子さまの学校生活でお悩みのこと、困っていることなどのご相談に応じております。FCリーディングについて詳しくお聞きになりたい方も、まずはWEB・MAIL・TELにてご連絡ください。

 

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*

 WEB:お問い合わせ | オレンジスクール
 MAIL:koiwa@orangeschool.jp
 TEL:03(5876)7515

orangeschool.jp

#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*#*